Preserved flower

プリザーブドフラワー&加工について

プリザーブドフラワーとは

最近は様々なところで見かける「プリザーブドフラワー」ですが、そもそもどんなものかご存知ですか?
「Preserved」とは「~を保存する、長もちさせる」という意味を持っています。
よく「生花をコーティングしている」と勘違いされるのですが、実際は違います。

切りたての花から水分(脱水・脱色)を抜き、食べ物にも使われる、オーガニックの色素等で作られた、プリザーブド染色溶液を吸わせます。この溶液を「吸わせる」というのがポイント。
外から浸透させるのと違い、植物の内部にしっかりと溶液がいきわたりますので、腐ったり枯れたりすることが無いのです。
また、コーティングを施すわけでもないので、生花本来の風合いやしなやかさ、みずみずしさを残し、独特の素材感を実現しています。

=異色花色移りの回避=
生花と違い、プリザーブドフラワーはお隣のお花の色移りは避けられません。
当店では、お色移りの回避として、異色のお花との間に、アートフラワーやリボン等使用させていただいています。

プリザーブドフラワーの保存方法

花保ち期間は・・・

保存方法が良ければ数年は楽しめます。ケースなどに入れられても、環境(湿度・室温)を保つようにすれば、ある程度長く楽しめます。
プリザーブドフラワーの魅力は、生花よりも長い期間フレッシュ感が味わえる事です。色移りやカビの原因となる、高温多湿の場所はなるべく避けることをお勧めします。また、色あせの原因のなる直射日光があたる場所も、注意が必要です。
もし、湿気を吸って花が、透き通ったようになってしまったら、乾燥剤を入れたケースに入れて様子を見ましょう。
乾燥しすぎも、ひび割れてしまいます。

※当店でのお買い上げの「お花、アレンジのサポート』はさせていただいています。
・お花のお取り換え
・他店購入アレンジの組み換え(リボーン)・・・等、お気軽に、ご相談くださいませ。

ほこりがついてしまったら・・・

軽く息を吹きかけるか、ドライヤーを(湿気を含んだ時も)少し離し温風(弱)をあてて下さい。

※直接日光があったたり、水で濡れたりしなければ、余りご心配はいりません。
※ケース保存も四季の温度差がある場合は、ケース内に水滴が溜まりお花が吸水してしまう事があります。
※状況によって、シリカゲル等乾燥剤をお使い下さい。
Q&A

生花からプリザーブドフラワー加工創作

アフターフブーケ&フラワー加工創作についての質問・疑問にお答え致します

  • お花の加工創作費用は?
    お客さまのご予算で承り加工創作させていただきます
    1輪加工(花器・加工代等込)は¥5,000~お受けいたします。
    脱色・染色液の加工液価格を頂きます。
    下記は1輪加工おおよその金額です、お花の大きさにより金額は異なります。
    (品種・サイズにより金額は異なります)
    (脱色・染色含む加工金額のみ・花器資材等は含んでいません)
    ひまわり・・・¥3,000~
    チューリップ・・・¥3,000~
    ユリ・・・¥6,000~
    薔薇・・・¥3,000~
    注意:花器やアレンジ内容によって金額は異なります(花器持込OK)
    (但・持参花器サイズは要確認されて下さい・生花サイズが入る花器)
    生花加工サイズと市販プリザーブドフラワーとではサイズが異なります。
  • お預けした(ブーケ等)お花全ては加工できますか?
    ご提示された、ご予算金額(花器・アイテム資材等含む)に合わせての加工創作となります。
    ※痛みの酷いお花は保証しかねます。(鮮度の良いお花のみ)
  • 花色は生花のお色と同じになりますか?
    申し訳ございませんが、生花の花色とは異なります。
    極力近いお色には染色させて頂きます。
    一度脱色をし、花色を抜き、新たにお色を入れていきます。
    また、白加工は創作後月日が経ちますと灰汁が出る可能性があります。
    (茶褐色になる可能性がございます、ご了承くださいませ。)
  • 花束やブーケの葉やアイテム・リボン等は使えますか?
    葉物は保障できかねますので、お受けいたしません。
    (葉物加工は生花の倍の月日がかかります)
    リボン(汚れがない場合)やアイテム(ブーケアシスト・アクセサリー等)はアレンジ組込可能な場合使用させて頂きます。
  • 加工創作の日数はどの位かかりますか?
    3ヶ月から1年以上かかる事もあります。
    加工時にそのままのお花を加工いたします。
    (メーカー販売のお花加工とは異なり花びら数を間引きません)
    痛み等も、残った状態になります。
    脱色に1ヶ月~半年かかるお花もあります。
    お色が完全に抜けないと加工後灰汁がでて、お色が変わってきますし、染色できません。
    脱色・染色に3ヶ月~半年かかるお花もございます。
    染色後、自然乾燥させます。
    茎が乾かないとアレンジ時にワイヤーを差し込むと茎が折れてしまいます。
    茎から液漏れします。その場合フォームに挿したお花が抜けてしまいます。
    また、フレーム等の花器はお色が付いてしまいます。
プリザーブドフラワー加工液

SpaceFantasiaのこだわり

スペースファンタジアはプリザーブドフラワー溶液(以下プリザ液)にこだわっています。
国産プリザ溶液を使っているのですが、この溶液は、一言で言うと「日本の四季を楽しめるプリザーブドフラワー」を作ることができるのです。
一般的なプリザーブドフラワーは、湿度や温度の変化に弱いといわれていますが、国産プリザ溶液を使用して作った、プリザーブドフラワーは、四季折々の変化に応じて色や硬度が変化します。その変化によって、日本ならではの、四季を楽しめる、素敵なプリザーブドフラワーが作れるのです。

環境に優しい国産プリザ溶液

スペースファンタジアは この国産プリザフラワー溶液の正規代理店です。
市販の華にはない、オリジナルのプリザーブドフラワーをご自分で作ってみたい方と思われた方はぜひ試してみて下さい。お庭にい咲いたお花や、 大切な方に頂いたお花を記念に残されてみてはいかがでしょうか。
当店のプリザーブドフラワー製作溶液使用説明書も同封します!
また、mailやお電話でのサポートも、責任を持って対応させていただきます。

※加工液ご購入は下記、加工液販売ページより、ご購入頂けます。